読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんこの雑記帳

日々コレ感謝。漫画とお得とスピリチュアルと。アラフォー主婦の興味あること日常、つれづれと。

千葉 南房総・館山旅行 1日目。南房総、ポピーの花畑と安房神社

小旅行:3月末に千葉県の南房総館山市)へ、
春の花(ポピーや菜の花)を見に行きました。

 

自分で予定を組んだ個人旅行ですが、以下に

他の方への参考にもなるかと思い、日程や判ったことなどを
情報として記録してみます。

 

f:id:anko0123:20170402061558j:plain

 

---------------

1泊2日 千葉・南房総 ポピーの花と歴史ツアー(個人旅行)

 

交通:東京駅から→高速バスで。

 

<1日目>東京発高速バス

行きのJR高速バスを電話で予約。ネット予約も可。
路線検索すると、東京駅から館山駅までは、電車よりバスが少し早くて楽みたい。

f:id:anko0123:20170407010750j:plain

 

バス券の支払い方法:前日に電話予約したので、その日じゅうにコンビニ決済(私はローソンのRoppi端末で発券、レジで支払い)を済ませました。

(関東JRバス 03-3844-0489)

time.jrbuskanto.co.jp

 

▽ 最初はこちらのバスにしようとしたけど、
JRバス なのはな1,3、101号~(6:30,720,750,820発~
東京都八重洲口発→南房パラダイス(バスにより休暇村)行

 

▼ 以下の期間限定のバス・なのはな5号 安房白浜行き
(日に1本、8:20発、フラワーパークには10:38着予定、館山駅から路線バスとなり、ブザー押して下車、終点は安房白浜10:55着)


とどちらにしようか迷いましたが、

このサイト↓ を見たので、じゃあこちらに…と電話でバス予約。

www.bushikaku.net

振り返った結論で言うと、8:20発の安房白浜行きの期間限定のバス(なのはな5号)で行くよりは、
南房パラダイス行きの方が本数も多く、花を見るなら最初からファミリーパーク近くに行くこれらのバス(なのはな1,3,101号~)にしておけばよかったと思います。

 

帰りのバスは予約していませんでしたが、
館山駅東口に JR関東バスの館山支店?があり、
そこで路線バスの時刻や方面のことを電話で確認できるのと、
この支店に直接行って、帰りのバス予約も(空席が有れば)できると聞いたので、当日に帰りの高速バスを決めてもどうにかなるだろうと思いました。

JRバス関東 館山(館山駅東口) (TEL0470-22-1889)

www.jrbuskanto.co.jp

 

JR関東バス(東京03-の電話、もしくはネット)では前日までの予約なので、当日の帰りのバス予約は 館山駅のJR関東バス支店に直接行って発券、支払いをするのも可能かと思います。

 

結果、2日目の当日に 館山駅の一つ前の停留所、富浦の「道の駅 枇杷倶楽部」のインフォメーションセンターで発券と支払いを済ませ、そこのバス停から東京駅行きの高速バスで帰りました。

 

 

1. フラワーパーク

1. フラワーパーク

【公式サイト】 関東最南端のリゾート観光施設 白浜フラワーパーク

(花が多数のパーク、施設。設備が古く昭和レトロな雰囲気。

近くの海で貝拾いも楽しめた。夏はプールもあるらしい)

 

f:id:anko0123:20170407003817j:plain

フラワーパークのビニールハウス内、金魚草。安価でたくさん花摘みができる。

 

 

いざ着いてみると、フラワーパークが思ったよりレトロだったので、最初から南房パラダイス方面着のバスに行き、

ファミリーパーク→たてやまアロハガーデン のコースでもよかったかなー、と思いました。

 

しかし昭和レトロも楽しんでしまえば悪くなく、近くの海岸で貝拾いをするのも、夏はプール?があれば利用も悪くはないのかと。

 

参考にしたコミックエッセイの旅行記のサイトにもあるように、
バス停ですぐ隣の「安房自然村」に温泉施設があるので、

花→温泉をセットで楽しめるように時間を取っておけば、

フラワーパーク→(パークの奥から降りられる海を散策)→安房自然村 のコースも良いかと思います。

 

【移動】【バス】

フラワーパークから→安房神社 方面へ。

※日に1本の12時前後のバス(南房パラダイス方面。館山方面は逆方向)を逃すと、以降は南房パラダイス方面への路線バスはない。

 

ファミリーパーク周辺にタクシー会社はなく、館山駅付近からだと20分位かかるようですが、来てくれます。

南房タクシー(TEL:0470-22-2101)

 

 

 

2.安房神社 (あわじんじゃ)

2.安房神社 (あわじんじゃ)

【安房神社】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet

徳島・阿波から海路で渡った先人、千葉・館山へ移り住む、という縁(ゆかり)有。

徳島(阿波・あわ)から海路で渡り、ここは安房(あわ)という字、読みは同じ。

f:id:anko0123:20170407004154j:plain

清々しい、こじんまりとした神社でした。3月末でも今年は桜はまだといった感じ。

菊の御紋もあり、天皇家にも関係があるのか、興味のある方は調べてみても?


バス停から徒歩5分、周囲にはお店など何もない印象です。野鳥村センターが隣にありましたが、時間も押していたので寄りませんでした。

 

【移動】タクシーを呼んで(館山から20分待ちだった)、
安房神社からファミリーパークへ。
そう遠くは無く、思ったより安めの1,950円でした。

 

 

 

3.ファミリーパーク

3.ファミリーパーク

館山ファミリーパーク/千葉県公式観光情報サイト-まるごとe! ちば-

【ポピーの里 館山ファミリーパーク】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet

 

f:id:anko0123:20170407004829j:plain

f:id:anko0123:20170407011248j:plain

ポピー満開!施設がキレイ、犬の入場OK!釣りやミニゴルフコースもあり、遊具施設もありで子供連れ、犬連れで楽しめる。週末?には体験工房もあり。
ドラゴンフルーツスムージーを食べたり、ポピーを摘んだり。

 

Webに木曜休みとありましたが、入園時に聞いたら明日の木曜ももやってますよ、とのことだったので、Webを鵜呑みにせず確認してもよいかも。

 

 

4.道の駅・南房パラダイス

4.(隣のファミリーパークから)道の駅・南房パラダイス へ徒歩で

道の駅南房パラダイス・アロハガーデンたてやま/千葉県公式観光情報サイト-まるごとe! ちば-

道の駅「南房パラダイス」。アロハ風のカフェとお土産屋さんがありました。中央入り口に「アロハガーデン館山」の入園ゲートが隣接していますが、5時に閉館なので立ち寄る時間がありませんでした。残念。

 

フラワーパークから、まっすぐフラワーラインに沿って徒歩移動。10分強でしたが個人的には遠く感じました。年寄りや運動不足の私にはちとつらいかも。

 

 

 

5.館山リゾートホテル泊

5.館山リゾートホテル泊

【公式】館山リゾートホテル|東京から2時間で行けるオーシャンスパ&コテージ

 

f:id:anko0123:20170407011539j:plain

 

(△ 夕飯の懐石料理は、ご飯をおかわりできるものの、個人的には量が少なく感じた。バイキングならきっと満足したかも。

△ 大浴場も部屋から外を通って遠い位置。階段もあり、バリアフリーではない感じ。寒がりの両親は外へ出たくないと言って大浴場には入らずじまい、部屋のユニットバスを利用。

 

〇 朝食のバイキングは満足。

〇 部屋は広くお洒落、洋風部屋を選択。南方のコテージ風の雰囲気。車を部屋の近くに泊めて、日中サーフィンなどを楽しむ方向き。設備は少し古めだが、清掃と改装は行き届いている。

 

〇 ファミリーパークや南房パラダイス(館山駅方面へのバス停あり)から近い。年寄りには厳しいが、フラワーラインを徒歩10-20分歩けるなら、これらから徒歩で着ける。


しかしバスの方面や本数が限られており、車無しで他の観光に行くには少々不便な場所かも。
南房バラダイスから→安房白浜方面への下りはあるらしいが、
安房白浜方面から→南房パラダイスへの上りが見当たらない。

 

ホテルから館山駅へ帰るには、ホテルのシャトルバスに乗るのが楽だが、徒歩15~20分で南房パラダイスに行き、そこから館山行きに乗るというのもありかもしれない。

www.jrbuskanto.co.jp

 

〇 ホテルの公式Webで、時々安価なプランがあるので確認。安く泊まれるかも。

(私は楽天トラベルを利用したら、安いプラン(部屋タイプをお任せで指定しないと数千円前後~)があることを知らずに普通のプランを選択してしまったので、少し後悔。それでも一人1万円しませんでしたけど。

 

〇 ホテル送迎のシャトルバスがある。
時間を確認がてら、前日までに要予約。チェックイン15時からの前後に3回、館山駅からホテルまで。

朝は9:00、10:15で館山駅まで 25分くらい。

途中、ワゴン車を停めて海を見せてくれたり、館山の観光を説明してくれる方が運転手さんだったので、ガイドが楽しめました。)

 

2日目へ続く。